***********************************************
タイトルについてですが、
私が30代なので意気込みをタイトルにしています。

社会の事や人間関係についての自分の考え事を
自己啓発の意味もあってブログにしています。

自己中ともいえる考えを書くときもありますし、
何かのキッカケで考えが変わることもあります。
嫌じゃなければみてやって下さい。


***********************************************

↓応援クリックしてくれると嬉しい

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ

2008年09月21日

給料が上がる人A

こんちわ。


前回続き。


給料を上げたいと思ったら、自分自身がオンリーワンの魅力を
出せるようにスキルアップし、会社に対して有益な人材で無くて
はなりません。


では、良い人材、会社が投資をしたいと思う人材とは、
どんな人でしょうか?


答えは非常に簡単です。


会社に利益をもたらす人材です。


具体的な例を列挙していくと、
技術力、管理能力、知識、アイデア力、資格・・・


まぁ色々あります。


例えば、ある程度の年齢に達してくると、会社としては
次の世代を育てていくために指導力というものが欲しいでしょう。
実際、体力や学習力では若い社員には一歩譲るところかも
しれないですが、経験豊かな上司からは学ぶべきところが
非常に多いです。
優秀な人材が育てば、会社の将来に有益なので、投資は
惜しくないでしょう。


若い人材に対してはどうでしょうか?
単純に将来性ではないでしょうか。
会社は優秀な人材は1人でも多くほしいもので、将来性がある
若い人材を囲いこんで確保したいという考えも持ってます。


そうなると、将来設計が多少見えてくるもので、若いうちは
とにかく「やる気」第一。
貪欲なまでに経験をつむことを考える。
そうすれば、年をとったときに後進を育成できるスキルを
自分が有するし、知識が豊富になれば色々な将来設計を
描けるでしょう。

自分の成長は、会社に利益をもたらすので、会社が自分へ増資
してくれる可能性は高くなるかもしれないですね。


今のところ、自分はそんなこと考えてます。




タグ:仕事 給料
posted by ゆう at 20:14 | Comment(0) | 仕事と給料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。