***********************************************
タイトルについてですが、
私が30代なので意気込みをタイトルにしています。

社会の事や人間関係についての自分の考え事を
自己啓発の意味もあってブログにしています。

自己中ともいえる考えを書くときもありますし、
何かのキッカケで考えが変わることもあります。
嫌じゃなければみてやって下さい。


***********************************************

↓応援クリックしてくれると嬉しい

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ

2008年10月13日

人間関係

お疲れ様です。


大分、秋らしい感じになってきましたが、気温の
落差が激しくて体調管理が大変なこのごろ。
私は迂闊にも風邪をひいてしまいました。
みなさんも体調管理には気をつけて仕事がんばりましょう。


さて、今日は人間関係について記事を書きます。


人間関係というのは会社としても、個人としても永遠の課題
かと思います。
これが理由で退職していく人材は非常に多いと思います。



人間関係のトラブルを解決するためには、異動や解雇といった
方法もありますが、火種が残ったり、ただ場所が移動しただけ
であったりと根本的な解決にはなりません。


解決のためには、話を聞いて動機を探ることが重要かと思います。
ここで言う動機ってのは、単純に事例を探ることではありません。
実際、人間関係のトラブルは事例の奥にあります。
『なぜ起こった?』
を探るわけですから、対象となる人間の価値観を理解していく
必要があります。
そうして、話す機会を増やし相手の心の変容を促していくことが
問題の根本的解決に繋がっていくと考えています。


私は今の世の中、管理者には従業員のメンタルケア能力も要求
されると考えていますが、実際にそれを両立させるのは非常に
難しいとは思います・・・
なぜなら、こういった事は本来は、完全な第三者が行うのが、
最も適当かと思いますし、管理者の立場としては、普段の命令
と矛盾が生じてしまう可能性も考えられるからです。


とはいえ、有能な人材が人間関係のストレスから次々とリタイア
していくのは非常につらいので、傍観も出来ないので頑張ります。


放置して、個人に頑張れでは会社は生き残れない時代なのかも
しれませんね。


posted by ゆう at 22:16 | Comment(2) | ストレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
週刊誌で見たけど

仕事の辛さ:9
人間関係の辛さ:1

の会社より

仕事の辛さ:5
人間関係の辛さ:5

の会社の方が退職率が高いと書いてあった。
数字に出来る基準じゃないにしても、何となく解る。

逆に言えば、決して楽とは言えない仕事でも、人間関係を良好にすれば、辛さもヤリガイになる事が多いって事だよなぁ。
Posted by もじゃんぼ at 2008年10月24日 00:45
難しいですよね。
何かしらのサポートをしてあげたいですが、
そもそも、上司を敵視するような風潮も
あったりしますから・・・
Posted by ゆう at 2008年10月25日 00:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。