***********************************************
タイトルについてですが、
私が30代なので意気込みをタイトルにしています。

社会の事や人間関係についての自分の考え事を
自己啓発の意味もあってブログにしています。

自己中ともいえる考えを書くときもありますし、
何かのキッカケで考えが変わることもあります。
嫌じゃなければみてやって下さい。


***********************************************

↓応援クリックしてくれると嬉しい

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ

2009年01月12日

飲み会

お疲れ様です。


かなり遅れましたが、皆さん明けましておめでとうございます。
ちょっと忙しくてコッチの更新をさぼってました。


今日は「飲み会」に関して書こうと思います。

年末年始となると、忘年会−新年会と大小様々かと思いますが、
会社で飲み会が催されますよね。
みなさんは、会社での飲み会をどう捉えているでしょうか?


近頃は会社で飲み会を開いても参加率がいまいちであったり
することありませんか?
参加希望を取るために観覧を回したり、聞いて回っても・・・

「考えて置きます」「誰がでるんですか?」

とスパっと決めずに参加者の顔ブレを伺うような事も多く、
気持ちよく計画を進められない事もあります。
小さなまとまりはいいですか、規模が大きくなればなるほど、
顕著にでます。


実は私は20代の頃から会社の飲み会に参加しなかった事は
有りません。
事情があった一回を除いて2次会にも必ず参加させて頂いています。

飲むのも仕事として、今後自分の仕事をやりやすくするために
非常に重要な物だと捉えているからです。

仕事だけのドライな関係ってのは実は成立しづらいものです。
仕事上での良い関係を築くにはある程度、腹を割って話せる
友好関係も必要になります。

飲み会に参加しないって事は、実はデメリットはあっても
メリットはないのです(酔っ払って余程の粗相をしなければ)。
参加しない事で、
「付き合いが悪い」「仕事として真面目に考えてない」
と言った悪い印象を与えてしまうのは勿論ですが、

相手に対して線引をしているので、相手から見ても、
心を開くどころか、自分は良く思われていないという考えを
相手に与えてしまいます。

逆に飲み会に参加して、顔を見せていれば、口べたで
ほとんど会話を出来なくても、最低限の社交性や協調性を
持っているものとして、相手に悪い印象を与える事は
ありませんし、むしろ好感度があがります。


色々情報もGETできますし。
楽に仕事をこなしたければ仕事仲間やパートナーとは
飲む機会は増やしたほうが良いでしょう。


自分は飲むのが好きだから参加してますが(笑)
飲み会には進んで参加することをお勧めします。
posted by ゆう at 01:25 | Comment(0) | 出来る人と駄目な人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。