***********************************************
タイトルについてですが、
私が30代なので意気込みをタイトルにしています。

社会の事や人間関係についての自分の考え事を
自己啓発の意味もあってブログにしています。

自己中ともいえる考えを書くときもありますし、
何かのキッカケで考えが変わることもあります。
嫌じゃなければみてやって下さい。


***********************************************

↓応援クリックしてくれると嬉しい

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ

2009年12月23日

人生の大半を占める仕事

お疲れ様です。


皆さんは仕事を通して自分が成長しているという実感を
もった事がありますか?

若いときはあまり差が無いのですが、年齢を重ねていくと、
見識や見聞といったものに差が出てきます。


何かで読んで、なるほどと思ったんですが、人は生きるために
何らかの仕事をしているわけですが、人の一生の中で仕事という
物が占める割合はプライベートが占める割合よりも圧倒的に大きい
という話。
確かに寝る時間はノーカウントとして、通勤時間も仕事の時間
とするならば、仕事の時間の方が圧倒的に多い。


そう考えると人の学びや成長の大部分は仕事の中にあるという
考え方でした。


正直なるほどと思いました。

毎日を会社の往復という感覚で費やす人と、仕事をしにいく、
もしくは何かを学びに行くといった感覚の人とでは、見た目に
同じでも、日々得ている物が違うと思います。

日々得ているものは自分で気づかないくらい微細な物であった
としても、1年後、2年後・・・と年月を重ねると大きな差と
なって現れていくと思います。


どうすると何かを得られる人間になれるか今の私は答えを
持ち合わせていないです。
ですが、私が人とお話をするときによくする話があります。


ヴィジョンというと難しい表現ですが、理想の自分はどう
いった物か、自分が求める環境はどういったものかを考え、
具体的に話せるようなレベルまで具現化していきましょう。
その理想の映像が強くなればなるほど、自分の進む方向も
強烈に定まってきます。
きっと仕事の中にも、理想を実現するための学びが見つけら
れるようになるはずです。


願わくば常に成長を続ける自分であり続けたいですね。

タグ:仕事 成長
posted by ゆう at 20:09 | Comment(0) | 出来る人と駄目な人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。