***********************************************
タイトルについてですが、
私が30代なので意気込みをタイトルにしています。

社会の事や人間関係についての自分の考え事を
自己啓発の意味もあってブログにしています。

自己中ともいえる考えを書くときもありますし、
何かのキッカケで考えが変わることもあります。
嫌じゃなければみてやって下さい。


***********************************************

↓応援クリックしてくれると嬉しい

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ

2010年06月16日

30代は就職難!?@

こんばんわ


最近、面接をしていると30代の就職は本当に厳しいのでは?
と思います。
リーマンショック後の俗に言う『派遣切り』が話題になった
後は特にそう思います。

実際には再就職という意味では30代より、さらに高い年齢層
の方のほうが厳しいとは思いますが、面接をしている印象
だけで言わせて頂ければ30代応募者の多くは戦う前に敗戦が
確定してしまっている人も少なくありません。


もちろん当社の職業柄というのも理由のひとつには上げられる
とは思いますが、それにしてもという感じもあります。


私は採用の面接から採用後の管理指導も不採用の連絡も全て
やらせて頂いているので、それなりに研究して面接も工夫を
しています。

例えば年齢が若い応募者なら多少の事はおいといて、入社後の
教育次第と思えば採用確率は高くなります。


ですが、30代に入ると見る視点が変わります。
それなりの社会経験があることを踏まえれば、良識や仕事感と
いった完成された部分を見極めようとします。

現状の完成度が同じなら若い人材の方が優位性があるのは
当然ですし、年齢を重ねるほど職場では影響力が大きいので、
業務上の即戦力人材や、経験をあまり重視しない場合でも
若い人材の教育や同僚との強調性といった面でみて、精神面
での即戦力人材を求める事になります。


そういった事を踏まえた上で30代応募者の面接を行っています
が、これでは駄目だなというケースが非常に多くあります。
追記するなら30代の応募者が圧倒的に多いようです。


ちょっと長くなりそうですので、実際に駄目だと思うケース
にどのような物があるか次回の記事にしたいと思います。



それでは、おやすみなさい。
posted by ゆう at 04:01 | Comment(0) | 出来る人と駄目な人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。