***********************************************
タイトルについてですが、
私が30代なので意気込みをタイトルにしています。

社会の事や人間関係についての自分の考え事を
自己啓発の意味もあってブログにしています。

自己中ともいえる考えを書くときもありますし、
何かのキッカケで考えが変わることもあります。
嫌じゃなければみてやって下さい。


***********************************************

↓応援クリックしてくれると嬉しい

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ

2010年07月04日

30代は就職難!?A

こんにちわ


前回、30代の就職は〜・・・といった内容を書いて
その続きになります。


実際に面接で明らかに駄目と思われるケースの具体例ですね。

まず、第一印象の関係ですが。
@普段着すぎる(Tシャツとカーゴパンツとか居ました)
A最初の挨拶ができない。
B言ってないのに椅子に座る。
C寝癖


面接に来るんだから、小奇麗な格好をしてきてください。
30代ならスーツか、せめてチノパンとシャツとか、まぁ
第一印象でダラシナイとか、礼儀が解ってないと思われたら
アウトですよね・・・


次は履歴書です。
@左半分しか書いてない
A明らかに使いまわし
B写真の切り方が雑
C写真の顔が無精ひげ


履歴書は自分をアピールするための物ですから、適当に
扱われていれば面接への真剣さを疑います。
手書きか印刷かという点もありますけど、これはまぁ
好みの問題だと思いますが、面接官は履歴書からも、その
人の人間性も見ますから多少字が汚くても、手書きの方が
良いかもしれませんね。


面接中の応答に関して
@何もしゃべらない
AYESorNOだけの説明の無い回答
B模範的すぎて、人間臭さがない
C他の質問の答えとの矛盾がある etc


この辺は、面接官のセンスによる所があるんですが、
私の場合は、強調性とか仕事感、勤怠面でシッカリしてる
などの探りをします。
ですので、人間性を感じなかったり、嘘を感じたり、
年相応の仕事感を持ってないと思ったらアウトです。


他にも筆記用具を持って来ていない。
面接に遅刻して、時間前に連絡が無いというのも
マイナス点です。


30代は就職氷河期世代で、派遣の仕事をしていた人が
多いので、転職回数が多い人とかは多いと認識はして
いるので、その中で培われた仕事感などがシッカリと
できているかを見極めますが、上記のような残念な人
が多いのが現実です。

こんな状況では、20代と比べてもアドバンテージが
全く無く、ただ年齢的な不利な状況にしかなりません。
しかし、シッカリとして仕事感とかを提示できれば、
十分勝負できると思います。


多くの派遣がろくな面接もせずに採用していたであろう
現実も、このように面接に真剣に取り組めない人の
増加を加速させたんでしょうね。


それと同時に思った事は、履歴書の書き方とかって、
あまり教わらないと思うんです。
私も、昔書いた履歴書を思い出すと恥ずかしくなります。

ハローワークなどは単に職を紹介するだけの事務的な
期間じゃなくて、履歴書の書き方とか、面接の訓練とか
も行って、就職率を上げる努力もして欲しいと思って
しまいました。

posted by ゆう at 15:23 | Comment(0) | 出来る人と駄目な人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。