***********************************************
タイトルについてですが、
私が30代なので意気込みをタイトルにしています。

社会の事や人間関係についての自分の考え事を
自己啓発の意味もあってブログにしています。

自己中ともいえる考えを書くときもありますし、
何かのキッカケで考えが変わることもあります。
嫌じゃなければみてやって下さい。


***********************************************

↓応援クリックしてくれると嬉しい

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ

2012年06月28日

トリハダ見た!日体大の集団行動指導は素晴らしいと思った。

テレビのトリハダスクープ映像のスペシャルを見ました。
その中で、日体大初の女性集団行動のドキュメントが
やっていました。
前に放送されたやつに未公開映像を加えて再編集したんですね。

基本は、頑張る女子大生に焦点が当たっているのかも
しれないですが。
私は清原監督に凄い関心が行きました。
人材育成とか組織構築といった面でのやり口に
非常に共感を覚えたんです。
編集されているので全部を見れるわけじゃないですが、
口調などから経験値の多さ、老獪さを感じて、
その完成度に関心が行きました。


女性オンリーで集団行動を成功させることへの
懸念と不安良くわかります。

放送では、集団を一つの上下の無いチームとして
作るみたいな感じでやってましたが、
自分の印象としては、単純な円形組織じゃないと
思いました。

演技上、全員が同格になることを要求しながら、
内部組織構造はフラットじゃないですよね。

たぶん形としては、
リーダーが居て、周囲を連携させる役割の女の子が
数人いるのが理想だったんでしょうね。
番組じゃ連携役がどれだけいたか不明でしたが、
おそらくイマイチだったんじゃないかと思います。

内部の不協和音をリーダー責とするところは良いと
思いましたが、なかなか上手くいかないんですよね。
指名型のリーダーで意識を育てるには時間が足りなかった
んじゃないでしょうか?

答えを与えず、自分で考えさせることで責任感と
行動を促す手法には共感しますが、
女性リーダーですから、もう一ひねり必要だったん
だろうなという印象がありましたね。

男性的なリーダーを演じようとして潰れた女性は
何人か見たことがありますし、
今回の場合は、急遽集まったメンバーですから、
慣習的に上級生が部長になる環境とは違いますよね。
女性社会は表面上の平等と、個人的な優位性を求める
傾向が強いと思うので、その中で上手く立ちまわせる
リーダーを育てるには時間と歴史が足りなかったですね。

それでも、監督の苦悩と試行錯誤が垣間見れて、
この人は、ちゃんと人を育てようとしてるんだなと
思えましたね。
全然違ったらショックですけどね(笑)

タグ:人材育成
posted by ゆう at 22:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 上司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。