***********************************************
タイトルについてですが、
私が30代なので意気込みをタイトルにしています。

社会の事や人間関係についての自分の考え事を
自己啓発の意味もあってブログにしています。

自己中ともいえる考えを書くときもありますし、
何かのキッカケで考えが変わることもあります。
嫌じゃなければみてやって下さい。


***********************************************

↓応援クリックしてくれると嬉しい

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ

2013年02月22日

部下への叱り方で悩む上司

部下への叱り方について非常に面白いブログを読んだので私も同じ内容を扱ってみようと思います。

東大阪のトマト社長のサービスの時間というブログを読んだのですが大阪の鍵屋さんですかね?ニュースアンカーの特集を見て『部下への叱り方がわからない。深い悩みですね。』という記事を書かれていたようですが内容に共感できる部分があり非常に面白かったです。

私は残念ながらニュースは見ていないのですが、この手の話題は良く聞きますし私も色々と悩んだ経験があります。

叱られる方は文句いっちゃだめだよね

よく『頭ごなしに怒らなくても』なんて部下の方たちの意見を聞きますけど。
自分でいっちゃだめですよね ふらふら
私も覚えがあるので同罪ではありますけど、自分で言っては駄目だな〜といつも思います。納得いかないケースは別の問題として怒られる原因が自分にあると思った場合というのは、そもそも怒られることをした自分が悪いわけなので叱った上司を悪く思うのは筋違いです。『私が悪いですが優しく叱ってください』なんて言ったら笑われますよ。
 

上司は叱り方は考えないといけない

とはいえ部下の言い分には人材育成の真理があります。
叱られた側が凹むだけ、反感をもっただけでは叱った上司は恨みを買っただけで叱り損です。
部下の教育って子供の教育と似てると思うんですよ。人間なんて大人になったからって子供とそんなに違わないと思います。だから怒られたりするんですしね。

子供の教育って『なんでしたの?』『ちゃんとわかってるの?』と
親は質問もするけど、子供が不服そうな表情してたら、
聞き方変えたり、言い方変えたりと工夫するのが普通でしょ。
そういうコミュニケーション能力が上司には必要だと思うんですよ。

どんなに上司の言い分が正しく理論的であったとしても人間は感情の塊ですから、そういう人間の心理も考えながら上手に導いてやるのが上司の腕の見せ所ですよね。

タグ:人材育成
posted by ゆう at 20:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 上司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。