***********************************************
タイトルについてですが、
私が30代なので意気込みをタイトルにしています。

社会の事や人間関係についての自分の考え事を
自己啓発の意味もあってブログにしています。

自己中ともいえる考えを書くときもありますし、
何かのキッカケで考えが変わることもあります。
嫌じゃなければみてやって下さい。


***********************************************

↓応援クリックしてくれると嬉しい

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ

2013年03月24日

前任者の責任にするのは楽だが猛毒

職場において人の入れ替えがあることは至極当然のことです。
もう3月決算期ですから4月になれば上司や現場のリーダーが変わる職場も多いことでしょう。
人が変わること特に上の人間が変わるという事は部下やスタッフにとっては非常に重要なことで、たかが一人の上が変わるだけで良くも悪くも職場が変わることになります。
今日はそんな中で上司やリーダーになる人に向けて記事です。
 

意外と多い前任者の責任にする人

どの程度前の管理者の仕事や現在の職場環境を把握しているかわかりませんが『前任者がね〜』『前のリーダーが〜』と口にする人は意外と多いと個人的に思っています。
前任者の責任にする発言は様々な背景や想いがあって飛び出すものではありますが、私の認識では大概は何らかの質問などの対応に対しての対処に困り【とりあえず】の状態で飛び出る発言ではないかと思います。
しかし他人のせいにするのは関心しません。
確かに楽です。自分が背負ず責任転嫁をするわけですから。

責任転嫁は猛毒

しかし、何も考えずに使っていると、トンでもない目にあうはずです。
そしてそのような時は自分が気づかない内に状況は悪化して言っているはずです。
 
例えば前任者の管理状況が思わしくなかった場合ですが、新任管理者は馬場を引いた思いもあって責任転嫁発言をするかも知れません。職場環境が思わしくなかった場合は初めのうちは嫌な上司、駄目な上司から解放された思いもあって部下やスタッフも軽く捕らえてくれますし、大目に見てくれるでしょう。
しかし、いつまでたっても状況が変わらない状態が続き、責任転嫁発言で逃げることが続けば、近い将来必ず信用はなくしまし、結局前任者と同じようにしか見てもらえません。
 
前任者の管理状況がそれなりによかった場合はどうでしょうか?
この状況で責任転嫁発言をするのは軽率としかいいようがありません。本当は新たに発生している問題かもしれませんが、細かい事は知らないだろうと簡単に前任者の責任にすると反感を買う恐れがあります。
その状態は前任者のときからある既存の問題かもしれませんが、だから前任者の責任とするのは浅はかです。前任者はその状況を打開しようと考えていた可能性もあり、その考えを何処かで部下やスタッフに話しているかも知れません。だとすると単純に前任者のせいにしてしまうと信用をなくす恐れが出てきます。
とはいえ、部下やスタッフも人事異動によって職場環境が変わるかもしれないことは解っていますから、新しい責任者に全く同じ管理を求めるというわけではありません。少なくとも環境が悪くなったと感じなければ良いと思ってはいるはずですが、方針変更がありえることは理解しています。
そこで新任者に求める事が何かというと新しい方針の提示と行動です。
『前任者が〜』と発言しても構いませんが『私はこうします』とか自分の考えをシッカリと新しい職場に伝え、行動を起こしていくことが新上司・新リーダーにとって重要な部分になります。

結局やらなきゃ駄目

それなりにやってさえいれば前の上司との比較を怖がる必要はないのではないかと思います。むしろ気にしすぎてもしょうがないと思います。
前任者がとても優秀な人の場合、後釜の人はかなりのプレッシャーがあるかもしれませんが、そこは割り切る必要もあるかと思います。
もちろん、前任者以上の仕事をするという目標はとても良いことではありますが、そう簡単にできるなら誰も苦労はしません。
例え前任者ほどの仕事が出来なかったとしても、部下やスタッフに気持ちがシッカリと伝わっていればちゃんと答えてくれるはずです。失敗しててもいいのではないでしょうか?
タグ:仕事感
posted by ゆう at 23:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | リーダー論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/351515204

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。