***********************************************
タイトルについてですが、
私が30代なので意気込みをタイトルにしています。

社会の事や人間関係についての自分の考え事を
自己啓発の意味もあってブログにしています。

自己中ともいえる考えを書くときもありますし、
何かのキッカケで考えが変わることもあります。
嫌じゃなければみてやって下さい。


***********************************************

↓応援クリックしてくれると嬉しい

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ

2013年07月28日

責任を取りたく無い上司に失望

TBSドラマ【半沢直樹】が好調ですね。
銀行マンの話でドラマでは糞上司にデキル部下が戦いを挑んでいる訳ですが、実際の会社でも似たような事があるわけで真剣に見てしまいますね。
感情移入で自分と重なる部分があるからハマッてしまうわけですが、部下の立場から見てる人が多いとしても実際の糞上司の立場から見てる人ってどうおもうんでしょうね?
第一話では『全責任は私がとります』と豪語した上司、しかし責任を部下に押し付けようとする。見知った顔が脳裏に浮かんできて半沢をガチで応援したくなる展開であります。
責任回避が目に付く上司困った存在ですよね。

責任を取りたくないって・・・

実際に居ますよね、責任を常に取らない姿勢の上司
ドラマのようにあからさまなパターンは無いにしても思い当たる節は沢山あります。
こういう上司の下につくと本当にやり辛いです。
」現実はドラマよりも手強いというか・・・イライラする上司が多いんじゃないでしょうか。
ドラマの場合、上司が自分の考えを押して『全責任は自分がとる』と言ってますよね。相手がそこまでハッキリ言っているのなら戦いようはありそうですよね。
でも、判断しない・決断しない上司という厄介な存在が居ます。影を潜めていて、有る程度自由にやらせてくれるならマシかもしれませんが、上っ面な部分で口を出してかき回して責任は部下になんてスタイルの上司に出会った日にはストレスで死にそうになりますね。
内容がどうあれ犯罪でなければ上司の指示には従うべきです。
しかし指示や判断を仰いでもどっちつかずに発言で『あとよろしく』的な発言をされると責任の所在も曖昧になって動きにくいですよね。

部下は責任取りたく無い訳じゃない


部下の立場で責任を取りたく無いって事はないと思うんですよ。
多くの人は自分の仕事には責任を持っていると思います。
自分の判断に任せてもらえるなら責任は持ちますし、指示であってもシッカリと上司と部下の間で話しが出来てれば全責任を上司になんて事はしません。
どう考えてもリスクのほうが高すぎる事案はあるのですが、それでも指示を出す以上は責任を持つ姿勢を見せてくれなければ気持ちよく動けませんよね。
指示に従う以上は責任を持つ姿勢は部下にだってありますよ。
 
タグ:働く人
posted by ゆう at 05:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 上司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/370443271

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。