***********************************************
タイトルについてですが、
私が30代なので意気込みをタイトルにしています。

社会の事や人間関係についての自分の考え事を
自己啓発の意味もあってブログにしています。

自己中ともいえる考えを書くときもありますし、
何かのキッカケで考えが変わることもあります。
嫌じゃなければみてやって下さい。


***********************************************

↓応援クリックしてくれると嬉しい

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ

2013年12月13日

ゆとりと言うけど問題はそこじゃない気もします。

何かと話題に上がるゆとり世代

賛否両論があるにしても大勢は手強く扱いづらい世代として認識されているようです。

確かに、若い人達が見せる反応のというのか雰囲気というのかわかりませんが、ある年代を境にして接し方を変えないと行けないなと思う子達が多くなっているようです。

あぁこれが”ゆとり世代”かと思ったりするのですが、そこまで変ですか?

それは期待でもある

綺麗に書きすぎてもしょうがないなと思いつつも最初に上の世代の人達にフォローを入れて起きたいと思いました。
世間で言われることは期待の裏返しかなと思います。上司にせよ、先輩にせよ、新人に期待する働き方はあるでしょうから文句を言われるうちは華なのかなととも思います。
ただし、レッテルとして本人目の前に捨て台詞を吐くとしたら、それはどうかと思います。

実際”ゆとり世代”はどうですか?

プライベートが優先、打たれ弱い、コミュニケーションが下手、自己成長・理想の職への願望が強い・・・etc
色々言われていますよね。悪いとこだけ挙げましたけど、真面目・素直と言ったことも聞きます。
実際は個人の話なので全体を一つとして特徴づけること事態がナンセンスではあるのですが、現実的に同じ世代であれば一定の似た特徴や価値観が存在していてもおかしくはないと思います。
私の印象や経験でいうと、確かに上記のような特徴をもつ子が多い世代だとは思います。
こんな体験エピソードがあります。”ゆとり世代”ど真ん中ストライクの子と話をしていたときですが、ある発言を聞きました。『自分に良くしてくれる人とは仲良くするけど、そうでない人はどうでもいい』。これはまずいなと思いましたね。この時はこれが世間で言ってるヤツなのかな〜と思いつつ、それは損な考えであることを自分なりに説いていたのですが、その後全く同じ発言をする同世代の子が居ることには少なからず驚きました。
たかが数人なのでコレで世代にレッテルを貼るつもりは無いですが、私はどちらかと言うと”ゆとり世代”といわれる子たちよりも、その指導にあたる世代のほうが心配になったので何も考えないわけにはいかないとは思いました。

むしろ指導する世代が・・・

 指導力の低下というのがあるんじゃないかと私は考えています。
もちろん私は私の時代のことしかわかりませんから昔はよかったという風には思いません。
景気などの影響を受けるとは思いますが、昔のほうが上司・先輩と部下・後輩の関係は今よりウェットだったのかもしれませんし、そうであれば今よりも面倒見の良い方は多かったのかもしれません。ただ、仕事は見て覚えろ的なやり方は今よりも凄かったのかもしれません。
今ってどうなのかと常々考えます。
例えば30代の方とかはポジション的に指導現場の最前線にいる事が多いかと思います。
しかし、指導に当るその世代に指導力があるかと言うと、全体的には無いんじゃないかと思います。
例えば成果主義の中で個人の能力だけを問われてきたのなら後身の育成は重要視されてません。例えば派遣社員などの非正規として働き方をしてたのなら出世などは基本無く、周囲も同じ立場で横並び、会社のために後身を育てる気持ちは芽生えませんし機会も与えられない。
個人のパフォーマンスは高くても指導力は無い人が多い。指導的立場を与えられたとしても、個人のパフォーマンスを磨いてきた人達ですから部下であろうと後輩であろうと同じ個人であって能力は自分で磨くもの、受身の人は感覚的に受け入れられないかもしれない・・・
個人プレーの人に集団行動をさせるのと同じなのですから単純な世代間ギャップ以上の感覚の開きがあります。
変な話ですが見返りも無いですよね。
人材育成を人事評価としてくれる会社はどれだけあるでしょう?
入ってきた新人が部下・後輩であると認識できる雰囲気がそこにあるでしょうか?
実際に”ゆとり”というレッテルはそういう風に部下・後輩を同列で見る風潮から来ているような気がします。
本来は上司・先輩なわけです。

負の連鎖に危機感を覚える

本当に怖いのは今後どうなっていくかです。
指導力を磨ける環境を与えられなかった世代が指導にあたります。
指導力が足りない人間に育てられた人間が次世代の人間の教育に当たります。
どこかで何かを変えなければ、劣化は進みます。
兄弟が居る人だったら、兄弟との関わりの中で面倒を見ること、面倒を見てもらうことを学んでいるかもしれません。
でも今の時代、一人っ子だって多いです。
兄弟が居なくても近所の子供の面倒を見る環境で育った人もいます。でもやっぱり数は少ないでしょう。
環境的な悪循環に既にはまってるんじゃないでしょうか?

何かしないと良い環境は生まれないですよね。
タグ:人材育成
posted by ゆう at 11:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 部下 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/382583106

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。