***********************************************
タイトルについてですが、
私が30代なので意気込みをタイトルにしています。

社会の事や人間関係についての自分の考え事を
自己啓発の意味もあってブログにしています。

自己中ともいえる考えを書くときもありますし、
何かのキッカケで考えが変わることもあります。
嫌じゃなければみてやって下さい。


***********************************************

↓応援クリックしてくれると嬉しい

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ

2014年09月30日

分業か非分業か・・・未来を見据える。

少数精鋭
聞こえは良いですが、実際問題どうなんだろうと・・・

多くの人員を抱える事にリスクを感じ人員を削減していった結果、一人の人間がマルチに業務をこなす体制が自然と構築されていく。
しかし、意図的に作り出された体制ではないので、そこに存在するリスクに気付かないまま実際のデメリットに苦しみ続ける状況が続いているなんて会社はゴロゴロしているようです。

分業をすればデメリットはおのずと解消されますが、当然そこにもデメリットはあります。

そこでサラッと考えてみましょうか。

非分業のメリット・デメリット

非分業のメリット・デメリットについて説明すれば分業型のメリット・デメリットも自ずと見えてきます。
非分業とは一人の人間が多岐にわたって業務をこなす体制です。

非分業体制で考えられる最大のメリットは少数精鋭化、人員が少ないことによる人件費の削減です。

社員全員が全ての業務をこなせて能力差も少ないと仮定した場合、誰に仕事を頼んでも良いわけで、個々の仕事量や進捗にあわせて自由自在に配置を変更し、欠勤が出ても誰でもヘルプに入ることができる。

長期的にみたら人員は最小限で済みますので人件費を抑えることが可能というのが魅力ではありますが、一人を育てるためには相応の時間を要するというのがリスクになりますから、育成中に退社されてしまっても育った人間が辞めてしまっても再び膨大な時間をかけて人材を育てるという事になります。

早期退社が後を絶たないというサイクルに陥った場合のリスクは巨大です。人員が育たなければ負担は既存のメンバーが追うことになりますし、それがまた退職の理由になっていきます。

ベテランメンバーの退職が業務品質に及ぼす影響が非常に大きい構図でもあります。

加えて考慮しておかなければいけないのはスペシャリストは育たないです。
非分業が目指す人材はスペシャリストではなくゼネラリストです。

分業のメリット・デメリット

非分業を考えてみましたから分業型についても見てみましょう。

分業のメリットは長期運用での安定と、従業員がベテランに達するまでの時間の短縮でしょう。

分業は会社に存在する仕事を一定のジャンルに分けて担当を配置するやり方となりますが非分業に比べれば覚える仕事量が圧倒的に少ないので短期間で一人前に育てられます。加えて仕事が一定のジャンルで分けられることで従業員個々の適正にあった適材適所への配置の選択が容易になるので人材の能力を上手に引き出すには分業よりも構造的に優れています。

一つの作業に費やす時間を多く取れるという事はそれだけノウハウの蓄積が早いという事ですが、自身の業務を改善・研究する時間も持てるため一定のジャンルに特化したスペシャリストが生まれやすいのも非分業のメリットです。
非分業が『広く・浅く』ならば分業は『狭く・深く』です。

デメリットは人件費でしょう。仕事を分けると分けた所に人を配置する必要が出てきますから人は増えます。ですから基本的に人件費は増えていきます。
ただし、これは基本的な給与体制に変化が無い場合で分業体制においても職務に応じた給与を設定することで人件費を抑えることが可能です。

分業体制において育つ人材はスペシャリストですが、マネジメント能力を備えたスペシャリストは貴重です。一つのジャンルを極めた人材であるが故に多くの場合は広い視点からの管理や調整は苦手な人材と考えるべきです。

分業・非分業どちらが良い

分業と非分業、どちらにメリットがあるかというのは意見が分かれるところでしょう。

現実的には分業が適しているか非分業が適しているかは業種などでも変わってきますが、スペシャリストが居ない会社の底は浅いですし、多くのスペシャリストを抱えていても、それを管理・調整する人材が居なければ宝の持ち腐れです。
長期運営を考えるならば欲張りなようですが分業によるスペシャリストの育成とステップアップの非分業でゼネラリストを育てるといった体制を考えるべきでしょう。

タグ:働く人
posted by ゆう at 15:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 会社と組織 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/402254076

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。