***********************************************
タイトルについてですが、
私が30代なので意気込みをタイトルにしています。

社会の事や人間関係についての自分の考え事を
自己啓発の意味もあってブログにしています。

自己中ともいえる考えを書くときもありますし、
何かのキッカケで考えが変わることもあります。
嫌じゃなければみてやって下さい。


***********************************************

↓応援クリックしてくれると嬉しい

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ

2013年03月24日

前任者の責任にするのは楽だが猛毒

職場において人の入れ替えがあることは至極当然のことです。
もう3月決算期ですから4月になれば上司や現場のリーダーが変わる職場も多いことでしょう。
人が変わること特に上の人間が変わるという事は部下やスタッフにとっては非常に重要なことで、たかが一人の上が変わるだけで良くも悪くも職場が変わることになります。
今日はそんな中で上司やリーダーになる人に向けて記事です。
 
前任者の責任の続きを読む
タグ:仕事感
posted by ゆう at 23:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | リーダー論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月31日

リーダーになること、リーダーを育てること

リーダーが育たないとダメなんだろが、
これは素養とも言えるし、後天的にリーダーに育つ事も可能だと思っている。


リーダーというのは意識の問題から始まる。

リーダーは自らが目標や思想を持たなくちゃならない。
そして理想を現実にするために進む人。
そして自分の考えを周囲に伝播できる人。
ぶれない人。
周囲の情報から判断が出来る人。
周囲に方向性を示して決断が出来る人。
責任を背負う事が出来る人。


リーダーにはワンマンタイプと協調タイプがいると思います。
両者の違いに関する見解は別に機会におくとして、
誰でも、いずれかのタイプのリーダーに成長できる可能性は
持っていると思います。


社会に出る頃には有る程度の人格や価値観が形成されているため、
それを素養としてリーダーに育つ可能性が高い人材はいますね。
ただし、リーダーとして最も必要なものはマインドです。
どんなに優秀な人材でも目標や責任を持つ事ができなければ
リーダーにはなりません。
それは逆にリーダーの素養を感じない人材がいたとしても、
その人がリーダーのマインドに目覚めるキッカケがあれば、
リーダーに成長するということです。

何度もいいますがリーダーに必要なのはマインドです。


自分でリーダーとしての熟成を目指す場合は、
とにかく勉強・研究、自己啓発の世界ですね。
色々な人の話を聞いたり、本を読んだり、
自分が直に経験する以外に外からも知識を吸収して
実践、失敗・成功を重ねて進むしかないと思ってます。

育てる場合は、さらに大変ですよ。
おそらく、この記事を読んでくださっている方は、
リーダーになろう、育てようというマインドをお持ちの方だと思います
ので、
マインドに目覚めている貴方なら自分は自然とリーダーに
育っていけるでしょう。
しかし育てるとなると難しい。

育てる手法は色々あると思うのです。
仕事の成功体験を積ませて自信をつけさせたり、
部下をつけて人材育成の経験をつませたり、
しかし結局、最初の目標もゴール地点も同じです。

如何にして『リーダーとしてのマインドに目覚めさせる』かです。

これに成功すれば、貴方が通った道(歩んでる道)と同じ道を
歩き出してくれるはずですから。

ローマは一日してならずですね。


私自身、リーダーとして未熟で、自分自身が道の途中なのですが、
あの手この手で育てようとしてます。


チームリーダーの教科書―図解 フジマキ流 アツイチームをつくる

この本しってますか?
自分のしたの組織をいくつかに分けてリーダーを置いているのですが、
私はこの本を全員に読ませてみました。
狙いは自己啓発を促すことです。

普段、こういった本を読まないと思っていたので、
強制的ですが読ませる事で、

・そういった本が世の中にあるという事を知ってもらうこと。
・嫌でも自分と重ねて読むと思うので軽い自己啓発にはなる。
・本の中の言葉を使えば指導がしやすくなる。
・あわよくば興味を持って自分で本でも買ってくれたらサイコー。


といったところが狙いでしょうか。

なぜ、この本を選んだかというと、
実は前の上司が持っていて、どうも会社が買ったものみたいなんですが、
内容が異常に簡潔で読みやすい感じだったので、面白いことでも書いて
あるかと思って持って帰ったんですが、返し忘れたんですよね・・・

内容はリーダーのマインド中心なんですけど、
右ページはイラストになってて字は大きめ。
3時間以内に読める代物です。
ホントにリーダーの教科書って感じでよく出来てると思ったので、
読ませようとしました。


結果はわからないですね。
本一冊で劇的に変わるって期待はしてませんけど、
指導はしやくなったかも知れません。
一応、自分が事務所の本棚に置いてある本に興味をもって
借りてく部下も発生したので微妙に成功ですかね。









↓↓応援クリックしてくれると嬉しい↓↓

 にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
タグ:人材育成
posted by ゆう at 00:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | リーダー論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月28日

自分の考えを伝える

こんちわ。


ただ上から言われた事を、そのまま伝えるだけの存在なら、
リーダーは要らない。
それだけの存在なら、指示書を作れば紙一枚でも済む話だからだ。


リーダーの役割は、そんな単純なものではないと思います。
リーダーは言われた事は、理解しなければならない。
自分が理解していなければ、周囲に理解してもらう事は
出来ないからだ。


例えば、朝礼のあるような現場において、毎朝伝えられる
リーダーの言葉は非常に重要な意味を持つ。


リーダーは自分の考えをメンバーに伝える事が出来ている
だろうか?

「やるんだ!」という意識を持ち、方向性を示してくれるリーダーの
口からは、リーダー本人の考えが語られるはずだ。


ただ、事務的に今日のノルマを伝えるリーダーではなく、
今日のノルマとともに、ノルマの持つ意味を語ってくれる
リーダーを目指すべきなのだ。

リーダーとは、メンバーの達成欲を引き出せるリーダー
であってほしい。

タグ:リーダー
posted by ゆう at 00:28 | Comment(0) | リーダー論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月16日

リーダーの褒められたい願望

こんちわ。


実際、リーダーという立場は厳しい。


常に、周囲の期待にさらされるからだ。
会社が期待するものは数字。
メンバーが期待するものは自分達の心のケア。

リーダーに寄せられる期待に再現はないのだ。


その期待に答えようと頑張っていても、なかなか達成感を
得られないのがリーダーではないか?

何かを達成したとしても、期待に答えられる瞬間があったと
しても、周囲はリーダーが望む形では報酬を与えてくれない。


場合によっては、リーダーは最初からそれだけの期待をされて
いるので、「それで当たり前」の間隔を持たれているのだ。


自分は頑張っている。
でも、回りは自分を認めているのだろうか?

自分は頑張っている。
会社はどう思っているんだろうか?

自分は頑張っている。
でも、思うような働きが出来ていない。



日々、自問自答の世界が展開している。
そんな中で、自分が頑張っている証は誰だって欲しい。
一言の褒め言葉が、お金よりも価値があると本気思うように
なるんです。

でも、現実はそうじゃなくて。
人の上に立つリーダーが下から褒められる事は、ほぼ無い
でしょうし。
会社から、直接「がんばってるな」と声がかかることも
少ないでしょう。


でも、そこにこそ、あるべき姿のヒントがあるかもしれない。


結局、リーダーには強さが求められると思うんです。
ストレスをバネにして、前に進める強さが必要。
そのためには、自分で自身を評価して、メンタルコントロール
をしていく強さが必要。


挫折する時は、自分を上手くコントロールできずに、
方向性を失い、自分が望まぬ行動が出てしまったとき。

それでも、「負けられない」という気持ちから、
また立ち上がるの繰り返し。

リーダーって、そういう厳しい立場で自分との戦いだけど、
あまり褒められないから、やりがいがあるのかな?と
思ったりします。


posted by ゆう at 21:50 | Comment(0) | リーダー論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月09日

リーダーってなに?

こんばんわ。


リーダーって何か?

世間じゃリーダー教育ってのが、注目を集めてて、色々な
本が出版されていますね。

でも、一口にリーダーと言っても、それぞれ考え方が違うと思います。


例えば、「ある物事が滞りなく進むように周囲を取りまとめて、
指示を出す人物」
がリーダーといったら、自分の考える
リーダー像としては正解率50%といったところです。


じゃぁリーダーってどんな人?


自分の考えですけど・・・



ものごとを「やろう」と皆に言う事ができ、
進む方向性を「自分で決める」事の出来る人物


それが、リーダーではないでしょうか?



下された命令を伝えるだけなら、それはリーダーでなくても
出来る事だと思います。

リーダーは、そこからプラスαの付加価値を持つべきです。

タグ:リーダー
posted by ゆう at 23:29 | Comment(0) | リーダー論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。