***********************************************
タイトルについてですが、
私が30代なので意気込みをタイトルにしています。

社会の事や人間関係についての自分の考え事を
自己啓発の意味もあってブログにしています。

自己中ともいえる考えを書くときもありますし、
何かのキッカケで考えが変わることもあります。
嫌じゃなければみてやって下さい。


***********************************************

↓応援クリックしてくれると嬉しい

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ

2012年08月26日

会社に服務規程は必要有るか?

会社においての服務規程といのは真剣に考えると
意外と難しい問題です。

難しくない有るのが普通と言われそうですが、
しっかりした理念を元に社風を作り上げれば
服装自由な会社でも有りだと思っています。

今日は服務規程について、私の実際に実施していた
ルールも紹介しながら記事を書こうと思います。
服務規程記事の続き
タグ:企業
posted by ゆう at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 業務スタイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月02日

部下の前なら引けない一線あるでしょう。

部下の前だから引けない一線というのがあります。


今のご時勢、資格の勉強するよりもゴマすってる方が出世する

なんて感覚ありますね たらーっ(汗)

これも景気のせいですかね。
上司の方々も、ただでさえピリピリしてるのに、
これ以上、悪い報告聞きたくないんでしょう。


部下に対して、明確な方向性を出せないまま、ただ指示をするだけ。
悪い報告聞くと、半ギレ状態。


どうすりゃいいっていうんだよ バッド(下向き矢印)

要は、上司の言うことは
『はい、わかりました』

上司への報告は
【できるだけ良い話に限定】

上司への接し方は
【慕っている風を装う】


こんな感じですかね(笑)


とはいえですね。
部下の前では、あまりやりたく無いもんです。

仮に、いずれ出世して部下が働きやすい環境を・・・


なんて、野望があったとしてもです。
そのときに、ついてくる部下が居なければ本末転倒です。


とりあえず。
ここで、ゴマすっちゃ信用失うと思ったら。
覚悟を決めて、意見して。
後で、上司にフォロー入れとくが得策ですかね。


格好悪いですけどね(笑)
タグ:上司 部下
posted by ゆう at 00:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 業務スタイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

職人という生き方A

お疲れ様です。


前回、職人について書きましたが、
書いた後にフと思いました。


前回、職人にとって出世や勲章はオマケでは?
という感じで書きましたが、職人の考えをさらに
拡大すると一概には言えないなと思いました。


なぜ、そう思ったかと言うと、先を見据えた時に
職人気質の人材というのは組織や企業にとって
非常に重要で、そういう気質の人材が組織の長に
なる事が必然的に求められていくのではないかと
思ったからです。
すでにそうなんだと思いますが、これからさらに
職人気質の会社員やスタッフは減ると思います。

しかし、職人=エキスパートは組織を牽引する
存在です。
なので、職人が長になるような環境の構築は
自然に発生する。


そう考え出した時に、職人のイメージは技術職の
エキスパートだけど、人材育成、現場管理、
職場改善と、さまざまな分野にエキスパートは存在
するな・・・と。
職人が組織を牽引するんだから、出世や勲章も必然
で、出世や勲章を一つの喜びとして考える職人も
当然存在するな・・・と思ったわけです。


職人、奥が深いですね。
posted by ゆう at 20:33 | Comment(0) | 業務スタイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。