***********************************************
タイトルについてですが、
私が30代なので意気込みをタイトルにしています。

社会の事や人間関係についての自分の考え事を
自己啓発の意味もあってブログにしています。

自己中ともいえる考えを書くときもありますし、
何かのキッカケで考えが変わることもあります。
嫌じゃなければみてやって下さい。


***********************************************

↓応援クリックしてくれると嬉しい

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ

2012年12月05日

出来ない理由を考えては駄目。出来かどうかを考える。

最近友人から電話がかかってくると仕事の愚痴が必ず入る。
友人との会話は7割はくだらない話。

友人は上司の愚痴はあまり言わない。
大きな会社でワンマン方上司はあまり居ないようなので、
上の言うことはバカの一つ覚えのような内容なので交わし方も楽らしい。

最近の友人の愚痴は部下に対するものだ。
といっても悪口の類ではなく考え方に対して多少の苛立ちがあるようだ。

『出来ない理由を考えるな』の続きを読む・・・
posted by ゆう at 14:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 出来る人と駄目な人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月19日

衆議院議員総選挙のキモはブチコワス一手じゃないか。

野田さんの解散宣言で日本はあわただしいですね。
十分な準備が出来ない状態で突入する選挙は非常に興味深いですね。

テレビじゃ第三党の話題が絶えることがなく特番などもあるので面白いですね。
今回の選挙の注目度は民主が大失敗した後なだけに高いですよね。

今回の選挙で考えないといけない点は非常に長い目線でみて最初の一手に
何が必要かということなんじゃないかと思います。
国民に媚売って他党の逆行くだけの政治なんてどうでも良いんです。

でも直ぐには変わらないので最初の一手は土台を壊すための
動きが出来る体制を作ることでしょうね。

有事際とかは協調型のリーダーよりワンマンタイプが力を発揮します。
多少偏っていても判断力と決断力が組織に必要なんですよね。
今の日本も同じじゃないかと思いますね。
中堅層が育ってないんですから、凄く長い目線で人材育成に励まないと
いけないです。 その視点で今邪魔なものを取り除ける人とか、
いいづらい事を言える人とかを上手く盛り込んだ組織を作るといいんじゃ
ないかと思います。

普通に自民が勝つだけでは何も変わらんと思います。
それを感じてるから新しい政党が沢山できていると思うので、
言うまでもなく日本の政界は混迷期って事ですね。


タグ:社会問題
posted by ゆう at 19:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会的な | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月12日

『若手は自力で覚えない』は大きな勘違い。

『若手の社員は自分で考える力に欠けている』
『俺の頃は自分で学ぶしかなかったのに』

こんな言葉がアチコチに溢れている。 間違っては居ないのだろうと思う。 確かに言ってる人からすれば、その事に関して自分は苦労して覚えた経験があるのだろうから・・・だからこそ部下を見ていてイライラもするのだ。

だが少しまって欲しい気持ちもある。 それは本当に部下だけの話だろうか、もしかしたら同じ事が自分(上司先輩)にも言えるのではないかと思ってしまった。

『若手は自力で覚えない』の続きを読む・・・
タグ:仕事感
posted by ゆう at 17:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 部下 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月07日

大阪市の公務員が遅刻と無断欠勤が多いそうです。

今、ニュースアンカーを見てたら大阪市の公務員勤務態度が悪く遅刻無断欠勤を繰り返す職員が270人に及ぶ職務怠慢だと橋本氏が怒ると報道してました。

この報道をみて感じることは様々あると思います。 『そんなヤツはクビにしろ』『公務員になれる基準がおかしい』『税金泥棒』と・・・色々な感情がわいてきますね。 私がニュースを見ていた感覚としてはこれは完全に組織の問題だと思いますね。 どれだけ問題児を排除しても根本的には何も変わらないと思います。『大阪市の公務員が...』の続きを読む・・・
posted by ゆう at 19:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 会社と組織 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月02日

気難しい部下を上手に扱う方法

ちょっと他の社員よりも仕事できる。自分の考えや仕事感を持っている。
そういう部下で苦労をしたことありませんか?

ちょっと他の社員よりも仕事できる。自分の考えや仕事感を持っている。
これだけ見たら優秀な社員じゃないか?と思われるかも知れません。
確かに優秀かもしれませんが、こういった部下が上司の悩みになっている
事も多々あるような気がします。

自分に自信があって仕事に対する考えもしっかりしてる。
それ故に気難しく言うことを聞かない扱いづらい側面も持ち合わせているのです。

こうした部下に対して上司はどのように接すればよいでしょうか?
また、こうした部下を上手く扱う事は可能なのでしょうか?


『気難しい部下を上手に扱う方法』続き・・・
posted by ゆう at 03:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 部下 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。