***********************************************
タイトルについてですが、
私が30代なので意気込みをタイトルにしています。

社会の事や人間関係についての自分の考え事を
自己啓発の意味もあってブログにしています。

自己中ともいえる考えを書くときもありますし、
何かのキッカケで考えが変わることもあります。
嫌じゃなければみてやって下さい。


***********************************************

↓応援クリックしてくれると嬉しい

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ

2012年07月13日

いじめの問題が連日騒がれてますね。

世間の今のトレンドは『いじめ』

この話題は書き始めると長くなって、まとめ切れない。
短いと伝わらなくなってしまうのですが、あえて書こうかと。

この問題は色んな人が様々な立場から報道をみていて、
いろんな考え方を持っていると思いますが、
問題とする点を一つの方向ではなく、いくつかの要素の
集合体として考える人は少なくないんじゃなかと思っています。

そんな中で私は報道の内容が偏っているという印象を受けています。


『いじめ』問題では、常に学校側の不手際がクローズアップされすぎです。


問題視される要素は他にもありますよね?
・学校としての仕組みの問題
・教員の置かれている環境
・加害者の視点
・親の視点


まだあると思いますが、対象が子供となった場合に、
彼らの将来を守る、導くという観点や社会的責任能力から、
報道しない内容が発生し、結果として学校側のみ問題視されるという
図式があります。
ニュースのコメントでも学校の対応に対する憤りなどが
聞かれる場面もしばしばありますが、どうかな?と思います。

加害者にたった子供にも大人と同じ処罰を!というなら納得しますが、
そうじゃないんですよね?
もちろん被害者が死亡するところまで行ってしまえば、
子供といえど加害者にはまともな人生はないかもしれません。

ですが、その親の視点にたった場合にはどうでしょうか?
アンケート公表がどうとか言っていますが、
それはあまりにも被害者の立場にのみの意見です。
当事者はそれでいいですが、第三者としての意見者は
それではいけないと思います。

親の立場と言いましたが、
子供がいてそれなりに順調に育っている家庭の方なら、
親の教育の問題と思う方もいると思います。
その通りだと思います。

ただ子育ての環境は家庭によって違います。
親の働く姿を間近にみて育つ子供もいれば、そうじゃない子供もいます。
同じ家庭に育っても同じようには育ちません。

子供は何処かで色んな影響を受けてきます。
自分の子供は問題無いと単純に思ってはいけないんでしょうね・・・

成績は悪くない、運動もそこそこ出来る。性格も良い。
確かに問題ないですよね。
しかし、そんな問題ない子も誰かに影響を与えています。
たとえば、その子の存在が誰かに劣等感を与える。
劣等感を与えられた子はどうなるんですかね?

そう考えたら無関係ではいられませんよね。

結局は難しいですが、保護者同士の協力や
学校教育の重要性を考えるしかないです。


学校教育の重要性といいましたが、
学校が教育機関としての力を発揮できない理由もありますよね。
教育者の未熟もあるかと思いますが、
親が学校側に力を与えていなのが原因だと思います。

早期に学校側が対応をした『いじめ』問題を知っていますが、
加害者側の保護者が猛反撃をするケースもあるようです。
もちろんそこには、それなりの理由があっての反撃ですが、
子供の問題が保護者間の揉め事に発展してしまい、
加害者と被害者の保護者が協力して事態の解決に動くというわけには
行かないようです。
その間に立つ学校側の立場はつらいですよね。

我々の学校に対する認識を改める必要があるのではないでしょうか?

どんな社会でも一定の教育は必要です。
例えば原始的な生活を送っている民族の子として生まれたとしても、
そこで生きるための知恵は学ぶ必要があります。

日本という社会で生きるために学校という教育構造が必要なわけです。
それにプラスして集団生活をさせてコミュニケーションや他者との
関わりを学ばせるという認識の方もいるでしょう。

ところが、親以外の大人から教育を受けさせる事の重要性に
ついて考えている方はどのくらいいるでしょうか?

怒られた事ってのは褒められた事より覚えています。
悪ふざけが過ぎて先生にみんなで怒られた事も覚えていますし。
悪さしてオッサンに怒られた事も覚えてます。

今でも一緒に怒られた友達と飲みの席での話題にでます。

先生に怒られた子供が親に話したら親が学校に乗り込むなんて話も
聞きますが、私の感覚だと親に話したらさらに怒られるので絶対言いません。


その辺の先生に対しての考え方を見直して、それを保護者に浸透させる
なんて事も考えたら学校教育もよくなるんじゃないですかね。

先生の力が強すぎてもダメなんて意見も出てきますけどね。




本当は教育機関側だって言いたいことは山ほどあるんだと思います。
ただ、事態が重くなってしまえば下手な事はいえない。
結果として教育機関側にとっては行くも地獄、下がるも地獄。
できるだけ言わないほうがメリットがあるということなんじゃないですかね?

だからこそ、第三者としてニュースでは世間考えが偏らないように
色んな視点からの意見を聞きたいものです。









↓↓応援クリックしてくれると嬉しい↓↓

 にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
タグ:社会問題
posted by ゆう at 12:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会的な | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月09日

平清盛面白いと思うんだけど。

NHKの大河ドラマ平清盛の視聴率が低いと嘆きの声が聞こえます。


となると、毎週楽しくみている私は少数派ですかね。

派手なチャンバラも無いですし、
大規模な合戦や謀略の数々って訳ではないですし、
誰もが知るような華のある人物が出てくるわけでもない。

地味ですよね。

おそらく歴史に興味がなければ詰まらないでしょう。

でも私は凄く評価しています。
この辺りの歴史は学校でも深く学んでなく、
またクローズアップされる事がないため、

・平氏により武士による統治の世の中がきて、
後の戦国時代の入り口となった。
・源氏にすぐやられた。

恥ずかしい話ですが、印象程度の知識しかなく、
前述したように見聞きする機会に乏しいため、
無知に等しいため、学ぶ良い機会だと思い見ています。

変に派手さを演出せずに歴史に独自の解釈を入れて
地味に飾ってる辺りが好きですね。


なにやら放送当初に映像が汚いなどと聞こえましたが、
泥臭さが良いのではないでしょうか?

確かに、あまり知らない歴史がゆえに、
人物関係や背後関係がわかりづらいため、
折角の複線を忘れてしまうのは難点かと思います。


屋敷の一室、庭でのやりとりが大半だったため、
当時の暮らしぶりや名所などに興味が行くような
作りにしたら観光地も喜んだのではないでしょうか?







↓↓応援クリックしてくれると嬉しい↓↓


 にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
タグ:ドラマ
posted by ゆう at 16:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月06日

指原莉乃のHKT移籍。あなたがメンバーならどう考える?

一連のスキャンダル報道でAKBからHKTへ移籍となった指原莉乃。
連日、指原の動向をチェックするのが芸能ニュースのトレンドです。
自分がHKTのメンバーならどう考えますか?


単純に組織優先で考えたら土方なら迷わず粛清。
恋愛が絶対の禁忌なら、いかなら理由があるにせよ
それを破ったメンバーは今後の組織の維持を考え
厳格な処分をしなければなりません。

そこは芸能界、ゴシップも芸の肥やしです。
悪評でも何でも知名度が上がった人間は勿体無い。
さしこは今、48グループで一番の金鉱になりつつある。


冒頭の質問に戻って、あなたがHKTもしくはAKBのメンバーなら
この事態をどう捉えますか?


HKTのメンバーだとして、強力なライバルとして邪魔に思います?
AKBのメンバーとしてライバルが減ってラッキーと思います?

どの結論に至るにせよ、どこまで深く考えて結論に至るかが重要です。
結論は、個々が目標としている水準にも大きく左右されます。


HKTは指原の移籍で確実に知名度が上がっています。
既存のメンバーは影が薄くなると考えてしまうかも知れません。
ところが逆に、今まで日の目を見なかったメンバーが、
世間の目に触れる機会が多くなったことで、
飛躍的に活躍の場を増やせるかもしれないチャンスでもあります。

流れ的にはAKBの次を模索する時期なのかもしれないので、
新鮮度の大きいHKTが戦略次第でAKBの座を奪う可能性は
考えられますよね。

もし運営がAKBの今後を踏まえて、ポストAKBの準備を
今回したとしたら面白いことですし、HKTメンバーにとっては
ビッグチャンス。 早く行動したやつが勝ちあがります。


AKBのメンバーとしても笑ってられないです。
人気のメンバーがいなくなって他のメンバーのチャンスが
増える可能性は低いと考えます。
指原の問題は個人の問題ではなく、AKB全体のイメージに
影響してますから、同じ疑惑が全員に降りかかったと
捉えるのが妥当。
追われる立場のAKBは苦境に立っています。
上記のような思惑が運営サイドにあるなら風前の灯ですね。

しかし、大きな変化があったことを逆手にとって、
新たなイメージを打ち出して、ファンに新鮮さを与えることが
できれば、さらに飛躍する可能性も秘めています。

どう転んでも運営サイドにはメリットがあり、
二兎を得られる可能性すらあるため、
運営サイドのしたたかさには関心します。


私なら、この局面をどう捉えるかという事で、
メリット、デメリットをかいてますので、
例えば、小さい一世風靡狙いとか、
今だけの注目で十分とか、個人の感覚によって、
捉え方は変わってくると思います。


この問題を考えてみることはサラリーマンにもメリットが
ありますね。
様々な事柄を自分の仕事と照らし合わせて考えてみることは、
良い訓練になると思います。






↓↓面白かったらクリックお願いします。↓↓

  にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
タグ:仕事感
posted by ゆう at 10:23 | Comment(2) | TrackBack(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月04日

10年後のためと思えばストレスに耐えられる。

10年後はちょっと長かったかな。

勉強するより、ゴマすったほうが出生する御時勢ですから、
そりゃストレス感じますがな。


結局のところ、聞いてくれる考えてくれる姿勢が
上司にないのなら、まともに掛け合うことは有効じゃない。
結局、突き詰めるとゴマすりが一番有効な手段という
ことになってしまう。

私はゴマすりも処世術の一つということで否定しません。
ただ、行き過ぎた光景が普通に浸透したとき、会社に
未来はないと思ってます。

そうやって次世代に引き継がれた時に、
そうやってあがった人達が作る世界に不安がある。

自分達の時代のことを考えるようにすれば、
多少ストレスに耐えられる。

正直、解決にはなっていないが、
『今は我慢』
というやつです。


自分の時代をよくしたいというよりは、
自分の次の世代には今よりマシな環境をと
考えたほうが、自分に出来ること、今から考えて
おくことが明確になって、頑張る力を搾り出せるんじゃ
ないかと思います。
未来が見えないなら少しでも未来を見せてあげられる側に
たてばよいかなと思います。




↓↓応援クリックしてくれると嬉しい↓↓


 にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
タグ:ストレス
posted by ゆう at 15:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | ストレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月02日

離党するなら男らしく行けよ!!

消費税問題で小沢さん先頭に反対してたやつらの
離党がうんたらと騒いでるよね。

まぁそれはいいんだが、やっぱり離党しないやつが
いるんだね。
まぁ本当の所は知るところじゃありませんけど。

あくまで手のひら返した事を前提に考えるとムカつく。

意思を預けたんでしょ?
『最終意思聞かれてない』って・・・

何故か上司というフレーズが頭に浮かびました。

発言に責任を持ちましょう。
さらに強い者の発言にあわせてるだけはやめましょう。

勝負とか改革とか口にして、
部下にはチャレンジを促すけども、
上司の行動を見ていると保守的。

私は、保守的な考えとか目上の人間に合わせる事は
悪いことと思っていません。
世渡りの術の一つだし、否定したとして、
ツッパル事が良い事とは思わない。

ただ、もう少し格好つけてほしいなと思います。

そうなること解っててやってたんでしょ?
なんで?
どうして?

って問い詰めたくなります。
たぶん、しどろもどろで答えるか、
半ば逆切れされそうですが(笑)

タグ:社会問題
posted by ゆう at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 上司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。